アルト歯科・口腔外科
052-791-0821

特殊義歯 ~「入れ歯」でもない「インプラント」でもない~

入れ歯でお悩みの方へ

食事中に痛みを感じたり、入れ歯によって口腔内が傷ついてしまったりする場合、今お使いの入れ歯はあなたに合っていないと考えられます。

  • 入れ歯がすぐ外れてしまう
  • 食事がまとめにできず、おいしくない
  • 会話が自然にできず、思い切り笑うことができない

合わない入れ歯をそのままにしておくと、口腔内の粘膜は傷つけられて常に口内炎になっているような状態になります。また、自分の歯が残っている「部分入れ歯」の場合、入れ歯を支えている健康な歯にも負担がかかり、痛みを感じることがあります。
この状態を放置していると、残っている健康な歯を失う危険性もあります。

「入れ歯」で「インプラント」でもない特殊義歯

歯を失ったときの治療法には、「入れ歯」のほかに「インプラント」などがあります。
インプラント治療を受けるためには、

  • 心身ともに健康である
  • 一生維持できると限らない
  • 骨造成などの手術を伴うことが多い
  • 治療期間が長い
  • インプラントの本数が多いと高額になりやすい

など、いくつかの条件を満たし納得していただく必要があります。
また、手術をするのは怖い、少しでも早く食事や会話を楽しみたいという方は「入れ歯」を選択されますが、従来の保険適応の入れ歯は、材料に制限があり機能性の高い入れ歯を製作するのには限界があります。

当院では、保険の入れ歯のほかに自費(保険外)の入れ歯「特殊義歯」を製作しています。特殊義歯は材料にも治療法にもこだわり、患者様一人ひとりの口腔内の状態に合わせて制作していきます。

上あごでも下あごでも数本以上の歯、または歯根(歯の根)があれば「特殊義歯」を作ることができる可能性があります。